ヘレンのブログ   ダンス歴史 :



ポワントワークの歴史とトゥシューズがどのように進化していったのでしょう?(パート1)The history of dancing on pointe. Part 1

2011/01/23 at 17:37PM by Helen

(Scroll down for English)

何故、バレリーナはつま先で立っておどるのでしょうか?ポワントワークの歴史とトゥシューズがどのように進化していったのかを知ればダンサー達はもっと理解を深める事が出来ると思います。理解を深めれば上達も早くなるというものです!
 
400年前、バレエが最初にパフォーマンスされた時、舞台のパフォーマンススペースより客席のほうが上に位置していて、お客さんがダンサーを見下ろしている状態でした。そのため足が非常に見えにくかったのです。そして当時は男性しかステージに立つ事が許されていませんでした。

firstballet
その後、舞台の形状が変わり客席より高い位置に作られるようになったためダンサーの足が見えるようになりました。
 
330年前、初の女性パフォーマーが誕生しました。この頃の女性ダンサーの衣装は非常の大きく動きにくいものでした。


280年前、パリでマリー・カマルゴが新しいステップを作り上げました。それがアントルシャです。彼女は衣装のスカートを短くし、足が見えるようにしました。そして高くジャンプが出来るように靴についていたヒールを取りました。
 
220年前、ロンドンシアターにて初めて”フライング・マシーン”(ワイヤーアクション)を使い、ダンサー達を軽く吊るす形で、つま先で踊るのを手伝いました。
 
200年前、ダンサーはワイヤーに頼らずにつま先で立ちで習得しようとしていました。出来ない事はなかったのですがあまりにも露骨に苦労がお客さんに伝わってしまっていました。
 
180年前、マリー・タリオニはとても厳しいトレーニングを父親のもとで受けた後、舞台へのデビューを果たしました。その時に彼女は見事なバレエ・テクニックで優雅にポイントを踊りました。

マリー・タリオーニ、ラ・シルフィード

タリオニがラ・シルフィードで見せたパフォーマンスがロマンチック主義バレエの始まりと言われています。ロマンチック主義のバレエは妖精などの軽やかな生き物を表現する事が多かったようです。ポワントワークで踊る事で空を飛んでいるイメージを表現する事が出来ました。
マリー・タリオーニのトゥシュー

ダンサーは技術をどんどん向上させ、同時にシューズメーカの人達は靴制作の技術を向上させました。
130年前、ピエリーナ・レニャーニが最初に32回転のフエッテに成功させました。
ピエリーナ・レニャーニ

この続きは来週のブログでご紹介します。

Why do ballerinas  dance on the tips of their toes? Some insight into the history of pointe work and the development of pointe shoes will help students understand what they are doing. Better understanding leads to better dancing!

400 year ago when ballets were first performed the audience was higher than the stage, looking down on the dancers. They couldn't really see the dancers' feet...and only men were allowed to perform.

Stages changed, the performers were on a raised platform and the audience could see their feet.

330 years ago the first women were allowed to dance but their costumes were big and cumbersome.

280 years ago in Paris Marie Camargo introduced a new step, the entrechat. She shortened her skirts so that people could see her feet and she removed the heels from her shoes so that she could jump higher.

220 years ago "flying machines" (wires) in London theatres helped ballerinas to dance on their toes.

200 years ago dancers were busy improving their pirouettes and jumps, and trying to find ways to stand on their toes without wires. They could do it but their effort was very obvious to the audience.

180 years ago Marie Taglioni, after rigorous training with her father, made her debut in Paris dancing on pointe in a way that looked effortless, and was an integral part of the choreography, not just a tricks added to the dances.

Taglioni's performance in La Syphide is considered the beginning of the Romantic period in dance. Romantic ballerinas danced on pointe to portray ethereal and other-worldly creatures. They appeared weightless and able to fly.

Dancers were improving their technique as shoemakers were improving the shoes.
130 years ago Pierina Legnani performed 32 fouettes on pointe in Swan Lake.

Part 2 next blog...next week!




Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved