ヘレンのブログ   セミナー・ニュース :



ナチョ・ドゥアト Nacho Duato

2011/10/17 at 08:38AM by Helen

(scroll down for English)

2010年6月、ロシアにあるミカエロブスキー・バレエ(サンクトペテルブルク)にてロシア人ではない外国人の芸術監督が就任し、バレエ界に衝撃をもたらしました。プティパ以来の初の外国人芸術監督となります!(プティパは1871年から1903年までサンクトペテルブルクにあるインペリアル・シアターのバレエ・ディレクターでした。)
 
その方は、スペイン生まれのナチョ・ドゥアトです。
 
ドゥアトさんはスウェーデンにあるカルバーグ・バレエにて1980年からダンサーとして活躍しはじめました。
しかし、間もなくしてイリ・キリアンに誘われ、ネザーランドにあるダンズ・シアターにて活躍の場を変えました。1983年、初めて振付をした作品が、ケルンにて開催された国際振付家コンクールで1位を受賞しました。
5年もたたないうちに彼はハンス・ファン・マネン、イリ・キリアンと共にネザーランド・ダンズ・シアターの専属振付師となりました。
 
1990年、ドゥアトさんはスペインに帰国し、スペイン国立バレエ団にて芸術監督として就任しました。彼の監修のもと、このカンパニーは世界的に知られるようになり成功を遂げました。そして20年後、彼はロシアへ移住し、バレエの歴史にその名を刻む功績を残す事となります。
 
今では世界中で彼の作品が上演されています。日本でも新国立バレエ団や牧阿佐美バレエ団にて上演されました。
 
ナチョ・ドゥアトのアシスタント振付家として活躍されるトーマス・クラインが、第10回横浜バレエ・インテンシヴにおいてナチョ・ドゥアトの振付を使ったレパートリをご指導頂きます。
あなたにとって、素晴らしい振付を習える最高の機会となる事でしょう!

Thomas Kleinトーマス・クライン THOMAS KLEIN

In June of 2010 the ballet world took note when the Mikhailovsky Theatre of St Petersburg, Russia, announced the appointment of a non-Russian director. This would be the first foreigner since Petipa to head a Russian company! (Petipa headed the ballet at the Imperial Theatres in St Petersburg from 1871 to 1903.)

Last year Spanish-born choreographer Nacho Duato assumed the position of Artistic Director of the Mikhailovsky Ballet, St Petersburg.

Mr Duato began his dance career in 1980 with the Culberg Ballet, Sweden, but soon was invited by Jiri Kylian to join the Netherlands Dans Theatre. In 1983 his first attempt at choreography won an award at the International Choreographic Workshop in Cologne. Within 5 years he was named resident choreographer of Netherlands Dans Theatre, alongside Hans van Manen and Jiri Kylian.

In 1990 Mr Duato returned to his home country, Spain, to become director of the Compana Nacional de Danza. Under his leadership the Spanish company achieved world recognition and success. After 20 years with the Spanish company Mr Duato made his historic move to Russia.

Numerous awards have been bestowed on Mr Duato and major companies around the world perform his ballets. Audiences in Japan have been able to enjoy his choreography as performed by the New National Theatre Ballet and  Asami Maki Ballet.

Thomas Klein, choreographic assistant to Mr Duato, will be teaching Nacho Duato's choreography in the repertory classes at the 10th Yokohama Ballet Intensive. What an amazing opportunity to experience great choreography!




Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved