ヘレンのブログ   ダンス・テクニック&トレーニング :



アライメントチェック

2013/02/18 at 18:32PM by Karin

(Sorry, this blog is only available in Japanese.)

レッスンの時に限らず、日常生活でも“正しい姿勢”は気になりますよね。
立っている姿、歩いてる姿勢。
ふと鏡に写った自分を見てショックをうける時もありませんか?
そんな時に正しく直したくなりますが“正しい姿勢”とは!?知っておく必要があります。
今回は、“横から見た時の脚のアライメント”に焦点を置いてみます。

一般的なガイドラインとして、

・大転子(太ももの横にある大きな丸い骨)

・膝の真ん中

・外側のくるぶしの手前

が床から垂直に並んでいるのが良いとされています。

簡単にいえば横から見て、外側のくるぶしの手前から脚の真ん中を一本の線が通ってると考えてみてください。
真っ直ぐな線にそって並んでみるのも分かりやすいですね。

思いのほか、膝が後ろに外れてしまっているとか、外側くるぶしの後ろに重心がのっているなど。
(特にダンスの経験者であれば膝が後ろに外れがちですね・・・)

骨のアライメントが正しく整っていると、足の裏が地面にしっかりついていて自然と骨盤が正しい位置に戻っています。

ぜひみなさんも試してみてください。
友達同士でチェックし合うのもいいですね!




Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved