ヘレンのブログ   ダンス・テクニック&トレーニング :



コンテンポラリーダンス Contemporary Dance

2010/11/07 at 04:34AM by Helen
コンテンポラリーダンスは紫色である。
 
コンテンポラリーダンスは人気になりつつあります!コンテンポラリーダンスが何か知っていますよね? 絶対観た事があるし、レッスンを受けた事がある、舞台で踊った事があるはずです。でも言葉を使ってそれを説明できますか? まったく英語を使わずに?
 
辞書で「コンテンポラリー」を引いてみると、”今という瞬間に依存、あるいは所属する事。モダンな考えや生き方を辿る事。”と出ています。
 
コンテンポラリーダンスは”今”を表現したダンスという事になりますよね・・・。では、モダンダンスは?
 
「モダン」を辞書で引いてみると”最新の技術、アイデア、機器などの事”と出ています。
 
コンテンポラリーと差ほど変わらない・・・。
 
言葉には辞書にあるような説明が付いているかもしれませんが、では何故、どうして人はこの言葉を使う事にしたのでしょう。
 
ここでちょこっとバレエの歴史。
 
何百年も前、人は他人を楽しませるために踊りました(舞台用ダンス)。そして年月をかけて技術をどんどん向上させていきました。1900年頃には私達が慣れ親しんでいるバレエになっていました・・・しかしその頃から、バレエはあまりにも 非現実的だ、と言い出す人達が出てきました。その人達は女性がつま先で踊るという 考え、今まで使われてきたありがちなストーリー展開を一切拒否しました。そして、この人達は独自のダンススタイルを確立していきました。衣装も、普段着を着用し、ほぼ毎回裸足で踊りました。そして現実の人々の経験を表す事に専念しました。これをニュータイプのシアターダンス 、「モダンダンス」と名付けました。モダンダ ンサーとバレエダンサーは全くの別物でした。しかしバレエダンサー達はクラシックには無いモダンの技術を、モダンダンサー達はモダンには無いクラシックの技術を盗み、モダンとクラシックを混ぜ合わせた物を作っていきました。これが「コンテンポラリーダンス」と呼ばれるようになりました。
 
舞台を観に行くと、たまにバレエを観ているのか、モダンを観ているのか、はたまたコンテンポラリーを観ているのか良く分からない時がある。
コンテンポラリーダンスは紫色である。
青(バレエ)と赤(モダン)を混ぜ合わせると紫(コンテンポラリー)になる。




さらにもっと青を足せばコンテンポラリー風のバレエが出来上がる。
 
言いたい事はわかりますよね?
 

近年ではバレエは少なからずモダンが混じっていますし、モダンにもバレエが混じっています。コンテンポラリーには・・・まあ、紫色という事で様々なダンスの影が潜まれています。でも、こうやってダンスにラベルを貼っていくよりバラエティに富んだダンスの雰囲気を楽しんだほうが良いと思います 。

こうやって考えていくと、どうしてプロになりたいダンサーが様々なタイプのダンス訓練を必須としているかわかりますよね、特にコンテンポラリー!もう外の世界には純粋な青や赤はもはや存在していないといっても過言ではないのです!
 
ちなみに私の一番好きな色は紫です。あなたは何色が好きですか?


Contemporary Dance is Purple

Contemporary Dance has become very popular!! You know what it is, right? You've seen it, you've performed it. But could you explain in words what contemporary dance is?

The Oxford Dictionary's definition of CONTEMPORARY is "belonging to or occurring in the present, following modern ideas in style or design".

So contemporary dance is dance that is of our time....but what about modern dance?

The definition of MODERN is "using the most up-to-date techniques, ideas, or equipment"

...hmmm...pretty much the same as contemporary...

OK, so words may have dictionary definitions but how (and why) do people in the dance world use these two labels?

A little bit of dance history:

Hundreds of years ago people started dancing to entertain others (theatre dance) and  over the centuries ballet developed. By about 1900 it was looking pretty much like what we call BALLET today... but then some people started to say that ballet was too artificial. They rejected the idea of women dancing on their toes, and the stories of supernatural beings that were so commonly used for ballet. These people made their own style of theatre dance. They danced in natural costumes and (often) in bare feet, about real human experiences. They called this new type of theatre dance MODERN DANCE. The modern dancers and the ballet dancers were different, with different training...but then ballet dancers began to see things modern dancers were doing that they liked and modern dancers saw things in ballet technique they liked. They borrowed from each other. This mixing of ballet and modern is called contemporary dance.

Sometimes it's hard to tell whether a dance you are watching is ballet, modern, or contemporary.
Contemporary dance is purple.
Purple is created by combining blue (ballet) and red (modern).

With more red you would have contemporary modern

With more blue you would have contemporary ballet

add even more blue to get ballet with a contemporary feel 

you get the idea...

These days ballet almost always has some modern in it and modern has some ballet in it, and contemporary dance is, well, purple...different shades of dance. Maybe we should stop trying to label it and enjoy the variety!

When you think of dance this way it's easy to understand why dancers must have training in modern and ballet...and contemporary! There is not much pure blue or red out there anymore!

By the way, purple is my favourite colour! What's yours?




Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved