ヘレンのブログ   セミナー・ニュース :



バレエ・ピアニスト Ballet Pianist

2015/02/12 at 09:48AM by Helen

(Scroll down for English)

ピアニストはいつからバレエクラスのために音楽を奏でるようになったのでしょうか?
400年前、バレエ講師たちはレッスン中の音楽を自分たちで奏でられるようにするためにバイオリン演奏の技術も持っていることが必須でした。

このドガの絵画(150年程前のもの)は不思議な絵なのです。なぜならばバイオリニストが演奏をしているのですが、ピアノの椅子に座って演奏をしているからです・・・なのでレッスン中にピアノが演奏されていた時もあるのではないでしょうか。

近年では生音楽からデジタル音楽へと移行しています。CDプレイヤー等、特にテンポスピード調節の機能がついているものはバレエの先生たちには使いやすいツールとなってきています。お店にも沢山の素晴らしいCDが並んでいます。

そのような中、生徒たちが生音楽に合わせて踊るという事はとても貴重な経験となります。ダンサーと演奏者は音楽を通じてお互いにコミュニケーションをとっていくのですが、それは録音音楽ではできない事なのです。

ピアニスト:稲葉智子(第10回横浜バレエ・インテンシヴ)

 

 

When did a pianist first play for ballet class?
400 years ago dance teachers were expected to be able to play the violin and so provide the music for their students themselves.


This painting by Degas of ballet class at the Paris Opera (about 150 years ago) is intriguing. A violinist is playing for class but he is sitting on a piano stool…so there must have been a pianist for class or rehearsals sometimes.

We are a going a through a change now from piano to recorded music. CD players, especially ones that can adjust the speed of the music, have made it easier for teachers to use recorded music and there is wonderful selection of CDs available in the stores.
However, having occasional chances to dance to live music is invaluable for students! The musician and the students communicate with each other in a way that cannot happen with recorded music.

Pianist: Tomoko Inaba (10th Yokohama Ballet Intensive)

 




Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved