ヘレンのブログ   セミナー・ニュース :



ルイ・マルタン・シャレより message from Louis-Martin Charest

2010/11/22 at 13:33PM by Helen


 
11月にカナダへ行った時、ルイ・マルタン・シャレと会う事が出来ました。フィリスと私はモントリオールのダウンタウンにある、リフォームが終わって綺麗になった彼の家へ行きました。そこでヨコハマ・スクリーンダンス&ステージとスクリーンダンス・サマー・スクールの事について沢山話し合いました。詳細は12月 上旬にWebsiteにアップされる予定です。しばしお待ちください!
 
私が初めてルイに会ったのはバンクーバーにあるアーツアンブレラ2003年度のサマースクールでした。(ルイ・マルタンと私は同じバレエ学校出身なのです。私が卒業したのは彼が卒業した10年前ですが・・・)夏のパーティーでルイは振付師、そしてフィルム振付師の道を歩もうとしていると教えてくれました。その 時に彼とは近いうちに一緒に仕事をしたいと考えました。その後7年間会わなかったのですが、お互いにあのパーティーで話した事を覚えていました。頭の奥に閉まっていたアイデアが引き出されて飛び立っていくのを見るのはとても楽しい事ですね!
 
ルイが7年間の思いを教えてくれました。
 
「この数年間、私は振付師として自分が信じるものや振付の価値を見出してきました。この思いが私の表現スタイルを確立していったのです。どうしたら観客と正直にコミュニケーションをとれるかという答えを見つけるために、自分が人間である事を隠さず振付師である理由を探す、という事をアーティストとしてのゴール にしてきました。観客にとって意味のある事を伝えようと心がけ、そうする事によってダンスを誰もが理解できるアートフォルムにしたいと考えています。人はみんな同じものを求めていると思います。愛と思いやりを。ただしこれらを探す事が恐怖や憧れと交差する事になるます。私はこういった人間の感情を表そうとしています 。
 
今私は2010年11月末に発表される『人気リクエストによる最後のリサイタル』というソロ作品の制作をしています。アーティストが考えなければならない『必要性』と『献上心』をテーマにしました。アーティスト側の考えをお客さんにも観て頂ければと思います。」

ルイ・マルタンのホームページ


I first met Louis-Martin when he was teaching a summer school at Arts Umbrella in Vancouver in 2003. (Louis-Martin and I went to the same school, Canada's National Ballet School, but I graduated 10 years before him.) At a party that summer in Vancouver Louis-Martin told me about his plans to develop as a choreographer and dance filmmaker. I knew then that Louis-Martin was someone I wanted to eventually work with. We didn't meet again for 7 years, but I remembered...and he remembered.  What fun when these plans I tuck away in the back of my mind get pulled out and actually take flight!

Louis-Martin wrote this about those intervening 7 years:

Over the years as I have grown as a choreographer I have come to better understand my beliefs and values. This has resulted in the creation of my own personal style. It has become my goal as an artist to uncover the truth about being human and my purpose as a choreographer to find an honest way to communicate what I find to my audience. I aim to say something that has meaning for the audience, and by doing so, to make dance an art form that everyone can understand. I  believe that all people are looking for the same thing, love and compassion, but that this search becomes entwined with fear and longing. I am trying to express this human condition.

I am working now on a solo performance which will be presented at the end of November 2010, "By Popular Request, My Last Recital". In it I explore the need an artist has to think about and try to understand what he is contributing to the world. I want to show this side of the artist to the audience.

Louis-Martin's website




Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved