ヘレンのブログ   ダンス・テクニック&トレーニング :



プラネット・ダンスPlanet Dance videos from The Place

2016/09/09 at 08:38AM by Helen

15年前に横浜バレエインテンシヴが初めて開催された時、コンテンポラリーダンスは沢山の生徒さん達や先生方にとって斬新で新しいものとして目に映りました。最近ではコンテンポラリーは全てのダンサーにとって必須のトレーニングとなりつつあります。しかし、コンテンポラリーダンスの人気が出てきているとは言え、まだ浸透率は低く、ダンサーやお客さんの中には理解に苦しむ方がまだまだいるのが現状です。

 

昨年、私はYoutubeにて「ザ・プレース」さん(イギリスはロンドンにあるカンパニー)が作ったコンテンポラリーダンスを分かりやすく説明している4つの素晴らしい短編ムービーを見つけました。日本で活躍しているダンサーや生徒さん、お客さん達もわかるように日本語字幕が付いていたら素敵なのにと思ったのです。そこでムービーを作ったプロデューサーに連絡をとり日本の方達にとってこのムービーがとても重宝される内容である事に間違いない事をお伝えしました。その後から連絡をくださるようになり、遂に最初の4つの短編ムービーのうち、最初のムービーの日本語字幕を作り終えたとの事です。他のムービーの字幕もできましたらこちらでお知らせ致します。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=4aeBhLakp3c

 

*日本語字幕は設定より表示させる事が出来ます。表示の仕方は下記の通りです。


iPhoneおよびiPadからご覧の方:



 

 

パソコンからご覧の方:

  • 記事URL



    Looking for Dance Classes for Adults in Tokyo

    2014/09/27 at 11:29AM by Helen

    I am often contacted by foreigners visiting or living in the Tokyo/Yokohama area looking for ballet classes for adults. I am pleased that so many understand the the benefits and enjoyment to be had from dancing!

     

    I don't teach any adult classes myself but I can suggest you look into the following studios:

     

    Architanz (near Tamachi station on the JR Yamanote line, Tokyo) is an open studio that offers classes for adults. Many of the teachers are visiting from abroad so often the classes are conducted in English. Here is the English side of their website:

    http://www.a-tanz.com/eng/dance/ 

     

    IAC is a studio in Shibuya that caters only to adult dance students. Basically they operate in Japanese but they have a full schedule of different dance classes and a dedicated following. Here is their website:

    http://www.iacstudio.org

     

    Chacott, Japan's biggest chain of dance supply stores, also runs a number of studios. Here is an English list of their stores and studios. You may have to contact them in Japanese, though, to get information:

    http://www.chacott-jp.com/e/stores/index.html

     

    Hope this helps! Happy dancing!

  • 記事URL



    バレエ教師を目指すなら!

    2014/02/07 at 18:25PM by 杉浦 愛

    Canada’s National Ballet School Teacher Training Program(NBS TTP)


    ティーチャー・トレーニング・プログラム参加への選考審査

     

    バレエ教師を目指すなら!
    カナダナショナルバレエスクールの指導者育成プログラムは「クラシックバレエの教師になりたい!」そんな夢をお持ちの方に是非お勧めしたいプログラムです!

    <どこにあるの?>
    カナダのオンタリオ州にある同国最大の都市、トロントにあります。ヨーロッパを思わせる街並みと近代的建物が融合した都市トロント。街中には路面電車が走り、少し歩けばオンタリオ湖を臨むことができます。カナダ国立バレエ団はもちろん、いくつものダンスカンパニーや交響楽団があるため、街中には素敵な劇場が多くあります。スーパーやレストラン、ショッピングセンター、日本食を扱うお店もあり、生活の便も良好!ナイアガラの滝も近いですよ。
        
    <学校はどんな雰囲気?>
    カナダナショナルバレエスクールはトロントのダウンタウン中心街にあります。数年前に改装が完了し、太陽の光がたっぷり降り注ぐ大きなスタジオをいくつも完備しています。歴史ある建物と新しく出来た校舎とが融合した立派な学校です。学校ではプロのダンサーを目指す中学1年生から高校3年生の子供たちと、教師を目指すTTPの生徒が学びます。皆親切でフレンドリー、笑顔での挨拶が飛び交う明るい雰囲気の学校です。

    <TTPについて>
    TTPに学ぶ生徒は世界各国から集まってきます。もちろんカナダ人が多いですが、その他アメリカ人、イタリア人、韓国人、そして日本人など。1学年約10人前後の少人数制のため、教師との距離も近く、みっちりしっかり勉強することができます。授業は月曜〜金曜の朝9時頃から、遅いときは夕方6時頃まで。1年生の間は土曜日もAssociateProgramという子供のクラスの補佐があります。2年生になると外部のバレエスタジオに雇ってもらい、教師としての実習も始まります。TTPでは教える勉強だけでなく、実際に自分も踊るので、体力的にもきつく、課題やテストも多いので忙しいですが、バレエを教える上で必要不可欠な、教授法、音楽、解剖学、歴史などを基礎からしっかり教えてくれ、全力でサポートしてくれるので卒業する時には自信を持って次のステップに進むことができます。
    個人的には英語での授業、レポート作成、テストなどに苦労しましたが、クラスメイトはじめ、先生方もみな本当に親切でSupportive!!どのクラス内容もとても建設的で、実用的でした。このコースで学んだことは計り知れません。

    <コース>
    ◆3年制 フルタイムプログラム
    18歳以上の人なら誰でも受験することができます。
    ◆5年制 ジョイントプログラム
    トロントにあるYork Universityと、バンクーバーにあるSimon Fraser Universityから編入し、ナショナルバレエのTTPで2年間勉強します。
    ◆プロフェッショナルダンサープログラム(1年または2年)
    クラシックベースのバレエ団で5年以上プロとして踊ってきた人を対象としたコース。1年か2年を選ぶことができます。

    <カリキュラム>
    ・NBSカリキュラム&教授法 ・RADカリキュラム&教授法 ・チェケッティカリキュラム&教授法 ・ナショナルダンスカリキュラム&教授法 ・解剖学 ・音楽 ・バレエ史
    ・美術史 ・バレエテクニック ・ボディーコンディショニング ・コミュニケーション
    ・モダンダンス ・アイリーンダウドテクニック ・クリエイティブダンス ・発声法
    ・クラス見学&補佐 ・教育実習(実際に外部のバレエスタジオで教師として2年間教える)

    NBSのカリキュラム!ここがいい!
    ・    NBS、RAD、そしてチェケッティ、と3種類のメソッドを学ぶことができる。
    ・    それぞれのメソッドにおける教授法を学ぶだけでなく、実際にGrade1から最後のGradeまで踊るので、自身のバレエテクニックの基礎向上、テクニック向上につながる。
    ・    レッスンで使うことのできる音楽の種類、レッスンにおける音楽の使い方、カウントの仕方、ピアニストさんとの働き方はなかなか日本では学べないと思います。
    ・    バレエの歴史は貴重な映像を数多く見ることができ、かなり本格的に学びます。
    ・    プロフェッショナルを目指す生徒のクラスを1年に渡り、見学・補佐するので、プロのバレエダンサー育成を真近に見て学ぶことができます。
    ・    TTPの主任教師のMs.Roesは豊富な知識と深い情熱をもった素晴らしい先生!!

    <このプログラムで取得できる資格>
    ・カナダナショナルバレエスクールTTPのディプロマ(カナダナショナルのバレエ指導法)
    ・ロイヤルアカデミーオブダンス教師資格(イギリスのバレエ指導法)
    ・チェケッティ教師資格(イタリアのバレエ指導法)
    ・ISTDナショナルダンス教師資格(世界各国の民族舞踊の指導法)

    <卒業後の進路は?>
    ・カナダナショナルバレエスクールの教師になる
    ・カナダ国内のバレエスタジオの教師になる
    ・トロントダンスシアターなど、ダンスカンパニーに入団しダンサーとしてのキャリアを積む
    ・出身地、出身国に戻りバレエスタジオをオープンさせる、またはバレエスタジオで教師になる                                                                    など

    <注>
    ・ここに書いた情報は私が在籍していた2007年のときのものです。大きな変更はないと思いますが、詳しくはNBSのHPを見ていただくか、直接学校にお問い合わせください。また、その他の記述も個人的な感想が入っていますので、その点ご了承ください。


    杉浦 愛 Ai Sugiura
    2007年6月卒業
    Canada’s National Ballet School TTP Diploma
    Royal Ballet Academy of Dance Teaching Qualification (A.R.A.D)
    ISTD National Dance Teaching Qualification

     

    ティーチャー・トレーニング・プログラム・オーディション

  • 記事URL



    アライメントチェック

    2013/02/18 at 18:32PM by Karin

    (Sorry, this blog is only available in Japanese.)

    レッスンの時に限らず、日常生活でも“正しい姿勢”は気になりますよね。
立っている姿、歩いてる姿勢。
ふと鏡に写った自分を見てショックをうける時もありませんか?
そんな時に正しく直したくなりますが“正しい姿勢”とは!?知っておく必要があります。
今回は、“横から見た時の脚のアライメント”に焦点を置いてみます。

    一般的なガイドラインとして、

    ・大転子(太ももの横にある大きな丸い骨)

    ・膝の真ん中

    ・外側のくるぶしの手前

    が床から垂直に並んでいるのが良いとされています。

    簡単にいえば横から見て、外側のくるぶしの手前から脚の真ん中を一本の線が通ってると考えてみてください。
真っ直ぐな線にそって並んでみるのも分かりやすいですね。

    思いのほか、膝が後ろに外れてしまっているとか、外側くるぶしの後ろに重心がのっているなど。
(特にダンスの経験者であれば膝が後ろに外れがちですね・・・)

    骨のアライメントが正しく整っていると、足の裏が地面にしっかりついていて自然と骨盤が正しい位置に戻っています。

    ぜひみなさんも試してみてください。
友達同士でチェックし合うのもいいですね!

  • 記事URL



    バレエ・バーの正しい使い方 Using the Ballet Barre Properly

    2013/02/01 at 10:17AM by Helen

    あなたはバレエ・バーを正しく使っていますか?私のビデオ・ブログを参考にして下さい。

    Are you using the ballet barre properly? Watch my video blog to find out

     

     

  • 記事URL



    MORE >>



  • Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved