ヘレンのブログ   ダンス歴史 :



『くるみ割り人形』クイズ Nutcracker quiz

2012/12/16 at 11:34AM by Helen

scroll down for English

『くるみ割り人形』クイズ

 

もしあなたが世界中に大勢いるバレエファンの一人であれば、「くるみ割り人形」は他のどのバレエよりもなじみ深いことと思います。

おそらく観にいったこともあるでしょうし、バレエを習っていれば踊ったこともあるでしょう。

実際のところクリスマスは「くるみ割り人形」なしではもの足りなく感じられますよね!

・・でもそんなあなたはどのくらいこのバレエについて知っているでしょう?

クイズを解いて確かめてみてください!

 

/ 「くるみ割り人形」の話は何にもとづいているのでしょう?

A アンデルセンの童話から

B 振り付け師のプティパによって作られた

C ドイツの作家ホフマンの短編から

 

/ 「くるみ割り人形」が世界で初めてロシアで上演されたのは何年前でしょう?

A 50年前

B 125年前

C 210年前


くるみ割り人形、ロシア

Tchaikovsky チャイコフスキー

/ 「くるみ割り人形」はチャイコフスキーによって作曲されました。彼はセレスタという楽器

を考案しバレエの中で使いました。どの踊りの中で演奏されていますか?

A こんぺいとう

B アラビアの踊り

C 花のワルツ

 

Celeste セレスタ

/ プティパは「くるみ割り人形」の振り付けを頼まれたのですが、リハーサルが始まるとすぐ

やめてしまいました、その理由は?

A 音楽が気に入らなかった。

B 主役のAntonietta Dell’eraとけんかした。

C 病気になった。

 

/ そのあと振り付けを引き継いだのは誰?

A ジョージ・バランシーン

B レフ・イワーノフ

C ジュール・ペロー

 

/ ロシアで最初に「くるみ割り人形」が上演された時の批評家らからの評価は良くありませんでした。なのでそれほど頻繁に上演されることはありませんでした。

それでも人気のある踊りがひとつありました、それは何でしょう?

くるみ割り人形とねずみの王様の戦い

B グラン・パ・ド・ドウ

雪片のワルツ

 

    ・「くるみ割り人形」はロシアでの公演から約50年経ってアメリカのバレエ団が上演し始めるまでは特にクリスマス特有のものではありませんでした。くるみ割り人形からの音楽が有名になったのは、ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」(1940)によってなのです。

 

/ 1994年に最初の全幕の「くるみ割り人形」がアメリカで上演されました。どのバレエ団

によってしょう?

A アメリカンバレエシアター

B サンフランシスコバレエ

C ニューヨークシティバレエ

 

・・それでは、楽しい「くるみ割り人形」の季節をお過ごし下さい!


答え 1C 2B 3A 4C 5B 6C 7B

 

 

Nutcracker quiz

If you are like million of dance lovers around the world you are more familiar with the Nutcracker than any other ballet. You have probably seen performances of it and, if you are studying ballet,  learnt dances from it. For many of us Christmas just wouldn't feel right without the Nutcracker!

…but how much do you really know about this ballet? Take this quiz to find out!

1: Where did the story for the Nutcracker come from?
a/ a Hans Christian Anderson fairy tale
b/ it was created by the choreographer, Marius Petipa
c/ a short story written by German author E.T.A. Hoffman

2: The Nutcracker was first presented in Russia how many years ago?
a/ 50
b/ 125
c/ 210


くるみ割り人形、ロシア

Tchaikovsky チャイコフスキー

3: Tchaikovsky wrote the music for the Nutcracker. He used a newly invented instrument called the celeste in the ballet. In which dance can you hear it?
a/ Sugar Plum
b/ Arabian
c/ Waltz of the Flowers


Celeste セレスタ

4: Marius Petipa was asked to choreograph the ballet but he quit soon after rehearsals started. Why did he stop?
a/ he didn't like the music
b/ he had a fight with the lead ballerina, Antoinetta Dell'era
c/ he got sick

5: Who took over as choreographer?
a/ George Balanchine
b/ Lev Ivanov
c/ Jules Perrot

6: Generally the critics disliked the Nutcracker when it was first produced in Russia so it was not performed very often. There was one dance that they really liked, though. Which dance was that?
a/ the battle of the Nutcracker and the Mouse King
b/ the Grand Pas de Deux
c/ the Waltz of the Snowflakes

The Nutcracker didn't become a Christmas tradition until companies in America began to perform it almost 50 years after that first Russian production.  Before that, though, the music from the Nutcracker had already became popular because of the animated Disney movie Fantasia (1940).

7/ In 1944 the first full-length performance of the Nutcracker was presented in America. Which company gave it?
a/ American Ballet Theater
b/ San Francisco Ballet
c/ New York City Ballet

I hope you enjoy this year's Nutcracker season!


Answers: 1c, 2b, 3a, 4c, 5b, 6c, 7b

  • 記事URL



    ポワントの歴史(パート2)History of Pointe, Part 2

    2011/02/01 at 15:04PM by Helen

    (Scroll down for English)

    クラシック時代、バレエ界でトゥシューズで踊るという事は強さと技術を見せつける事が大事でした。
    バレリーナとトゥシューズはどんどん強くなっていき、技がどんどん華やかになっていきました。

    トゥシューズ 左:1860右:1914
    100年前、アンナ・パヴロヴァは死の白鳥で長時間つま先で踊り続けたため観客を圧倒させました。
    アンナ・パヴロヴァ、死の白鳥
    80年前、バレエ・ルース・デ・モンテ・カルロで活躍していたベビーバレリーナ達が64回のフエッテや6回転ピルエットといった技をこなしていくようになりました。(しかもまだ10代のダンサー達がです。)
    ベビーバレリーナ
    後にトゥシューズはブロードウェイやハリウッドに進出しました。トゥタップはアメリカ中で熱狂されるようになりました。ハリエット・ホクターはブレを、背中を反りながらやった事と、トゥタップダンスをエスカレーターで踊ったことで有名になりました。
    ハリエット・ホクター
    60年前、ジョージ・バランシンがニューヨーク・シティ・バレエを設立しました。バランシンの振り付けはバレリーナの足のラインを強調する事が特徴としてあげられます。ネオクラシックバレエが誕生し、美感で踊る女性も増え始めました。
    ネオクラシック
    ポワントワークはバレリーナを(ロマンチック主義時代は)霊妙に、(クラシック時代は)強く、(ネオクラシック時代は)美しく見せるものとして存在しました。

    100年前、ポワントワークは不自然だ、という考えをもったダンサー達を中心に反発が起きました。そのダンサー達は私服、裸足で踊りました。これがモダンダンスの始まりでした。
    イザドラ・ダンカンの生徒

    とても興味深いのが、ロマンチック主義、クラシック時代、ネオクラシック時代に活躍した振付師(トゥシューズに立つ事を美しいとした)は男性であり、トゥシューズに対して反発したのは女性であるという事です。
     
    はたして未来のトゥシューズはどのようになっていくのでしょう・・・

    During the Classical period in ballet (1885~1910) ballerinas danced on pointe to show strength and virtuosity.

    Technique and shoes continued to get stronger; tricks on pointe got more amazing.

    100 years ago Anna Pavlova wowed audiences by how long she could dance on pointe in her famous dance, The Dying Swan.
    80 years ago the Baby Ballerinas of the Ballets Russe de Monte Carlo were performing feats such as 64 fouettes and 6 pirouettes (when still only teenagers).
    Tricks on pointe appeared on Broadway and in Hollywood. Toe tap became a national craze. Harriet Hoctor was famous for her bourrees in back bend, and toe tap dance on an escalator.

    60 years ago George Balanchine's New York City Ballet was founded. Balanchine's choreography emphasised the line of a ballerina's leg on pointe. Neo-Classical ballet was born and women were now dancing on pointe for aesthetic reasons as well.

    So, dancing on pointe can make a ballerina look ethereal, strong, and beautiful.

    ...but 100 years ago some dancers rebelled against the unnaturalness of pointe work. They danced about real life dressed in simple costumes, often barefoot. This was the beginning of modern dance.

    I find it very interesting that all of the important choreographers of the Romantic, Classical and Neo Classical ballet (who demanded that women dance up on their toes) were men...and the pioneers in modern dance (who brought women back down off pointe) were women!

    I wonder what dancing on pointe will be like for ballerinas in the future...

  • 記事URL



    ポワントワークの歴史とトゥシューズがどのように進化していったのでしょう?(パート1)The history of dancing on pointe. Part 1

    2011/01/23 at 17:37PM by Helen

    (Scroll down for English)

    何故、バレリーナはつま先で立っておどるのでしょうか?ポワントワークの歴史とトゥシューズがどのように進化していったのかを知ればダンサー達はもっと理解を深める事が出来ると思います。理解を深めれば上達も早くなるというものです!
     
    400年前、バレエが最初にパフォーマンスされた時、舞台のパフォーマンススペースより客席のほうが上に位置していて、お客さんがダンサーを見下ろしている状態でした。そのため足が非常に見えにくかったのです。そして当時は男性しかステージに立つ事が許されていませんでした。

    firstballet
    その後、舞台の形状が変わり客席より高い位置に作られるようになったためダンサーの足が見えるようになりました。
     
    330年前、初の女性パフォーマーが誕生しました。この頃の女性ダンサーの衣装は非常の大きく動きにくいものでした。


    280年前、パリでマリー・カマルゴが新しいステップを作り上げました。それがアントルシャです。彼女は衣装のスカートを短くし、足が見えるようにしました。そして高くジャンプが出来るように靴についていたヒールを取りました。
     
    220年前、ロンドンシアターにて初めて”フライング・マシーン”(ワイヤーアクション)を使い、ダンサー達を軽く吊るす形で、つま先で踊るのを手伝いました。
     
    200年前、ダンサーはワイヤーに頼らずにつま先で立ちで習得しようとしていました。出来ない事はなかったのですがあまりにも露骨に苦労がお客さんに伝わってしまっていました。
     
    180年前、マリー・タリオニはとても厳しいトレーニングを父親のもとで受けた後、舞台へのデビューを果たしました。その時に彼女は見事なバレエ・テクニックで優雅にポイントを踊りました。

    マリー・タリオーニ、ラ・シルフィード

    タリオニがラ・シルフィードで見せたパフォーマンスがロマンチック主義バレエの始まりと言われています。ロマンチック主義のバレエは妖精などの軽やかな生き物を表現する事が多かったようです。ポワントワークで踊る事で空を飛んでいるイメージを表現する事が出来ました。
    マリー・タリオーニのトゥシュー

    ダンサーは技術をどんどん向上させ、同時にシューズメーカの人達は靴制作の技術を向上させました。
    130年前、ピエリーナ・レニャーニが最初に32回転のフエッテに成功させました。
    ピエリーナ・レニャーニ

    この続きは来週のブログでご紹介します。

    Why do ballerinas  dance on the tips of their toes? Some insight into the history of pointe work and the development of pointe shoes will help students understand what they are doing. Better understanding leads to better dancing!

    400 year ago when ballets were first performed the audience was higher than the stage, looking down on the dancers. They couldn't really see the dancers' feet...and only men were allowed to perform.

    Stages changed, the performers were on a raised platform and the audience could see their feet.

    330 years ago the first women were allowed to dance but their costumes were big and cumbersome.

    280 years ago in Paris Marie Camargo introduced a new step, the entrechat. She shortened her skirts so that people could see her feet and she removed the heels from her shoes so that she could jump higher.

    220 years ago "flying machines" (wires) in London theatres helped ballerinas to dance on their toes.

    200 years ago dancers were busy improving their pirouettes and jumps, and trying to find ways to stand on their toes without wires. They could do it but their effort was very obvious to the audience.

    180 years ago Marie Taglioni, after rigorous training with her father, made her debut in Paris dancing on pointe in a way that looked effortless, and was an integral part of the choreography, not just a tricks added to the dances.

    Taglioni's performance in La Syphide is considered the beginning of the Romantic period in dance. Romantic ballerinas danced on pointe to portray ethereal and other-worldly creatures. They appeared weightless and able to fly.

    Dancers were improving their technique as shoemakers were improving the shoes.
    130 years ago Pierina Legnani performed 32 fouettes on pointe in Swan Lake.

    Part 2 next blog...next week!

  • 記事URL



    チェケッティのアイデアは何故、今でも尊重されているのでしょうか?Why are Cecchetti's ideas about ballet training still so important today?

    2011/01/16 at 11:13AM by Helen

    (Scroll down for English.)
    チェケッティとは誰でしょうか?そして何故、彼のアイデアは今でも尊重されているのでしょうか?
     
    エンリコ・チェケッティはダンサー一家の中で生まれました。両親、叔母、兄弟、二人の子供、孫、皆ダンサーでした・・・そして結婚相手もダンサーの方でした。5歳で地元イタリアの劇場にて初舞台を踏み、やがてはアメリカ、ヨーロッパ、そしてロシアへと活躍の場を広げて行きました。
     
    1887年、チェケッティはロシアにあるインペリアル・スクールにて講師として招待されました。数年後、彼はサンクトペテルブルクにて自分のスタジオを開設しました。アンナ・パヴロヴァも彼の生徒の一人でした。1910年、彼はセルゲイ・ディアギレフの指名により、バレ エ・ルースのマスターに就任しました。そこで彼はダンサー達を育成し、そしてリハーサル進行をリードし、さらには舞台にもキャラクターとして出演しました。その際にカルサヴィナ、バランシン、フォーキン、ニジンスキーも一緒に舞台を作り上げていました。

    Class at Ballets Russe, Cecchetti on far right, Cecchetti's wife far left
    バレエ・ルースのクラスより、右端がチェケッティ、左端が夫人

    その後、1918年にロンドンにてバレエ学校を開校し、彼のアイデアが詰まったバレエ教本を出版。1922年に正式にチェケッティ・ソサイエティが確立され、74歳の時、退職し、イタリアへ帰りました。イタリア帰国後にミラノにあるラ・スカラ・シアターへディレクター就任の要請を受け就任し、78歳の時、バレエクラスを教えている時に体調を崩し、次の日に亡くなるまで永きに渡りバレエ界に貢献されました。
     
    チェケッティは何を教えてきたのでしょうか?カナダ・チェケッティ・ソサエティの座長でおられるジョイス・シーツィー先生が第9回ヨコハマ・バレエ・インテンシヴにてその謎を教えて下さいます!
     
    上記の情報はLivia Brillarelli 作、Cecchetti, A Ballet Dynastyという素晴らしい本を参考にしたものです。

    Cecchetti as the charlatan in Petrushka.
    パフォーマンス「ペトルシカ」キャラクター:シャラタン

     

    Who was Cecchetti and why are his ideas about ballet training still so important today?

    Enrico Cecchetti was born into a family of dancers; his parents, his aunt, his siblings, two of his children and one grandchild were dancers...and he married a dancer. First appearing onstage at the age of 5 in his home country of Italy, Cecchetti's career as a dancer took him to America, across Europe and north to Russia.

    In 1887 Enrico Cecchetti was invited to teach at the Imperial School, Russia. After a few years he opened his own school in St Petersburg. Anna Pavlova was one of his pupils. In 1910 Serge Diaghilev hired him as ballet master for the Ballets Russe. Cecchetti trained the dancers, ran rehearsals, and appeared in character roles. He was working with Karsavina, Balanchine, Fokine, and Nijinsky among others.

    Cecchetti opened a school in London in 1918 and published his manual of ballet technique. In 1922 the Cecchetti Society was formed. At the age of 74 he returned home to Italy hoping to retire, however, he was asked to direct La Scala Theatre, Milan. At the age of 78 Cecchetti became ill while teaching a ballet class and died the next day.

    What did Enrico Cecchetti actual teach? Joyce Shietze, chair of the Canadian Cecchetti Society, will be showing us at the 9th Yokohama Ballet Intensive! 

    The information for this blog is taken from a wonderful book entitled, Cecchetti, A Ballet Dynasty, by Livia Brillarelli.

  • 記事URL



    歴史を学べばバレエがわかる。Study dance history to understand ballet.

    2010/12/12 at 16:22PM by Helen

    (Scroll down for English.)

    横浜バレエ・インテンシヴに参加される生徒さんは皆とてもバレエに対して熱心です。そうでなければ、このようなセミナーには参加しないでしょう。しかし、多くの生徒さんはバレエテクニックは分かっていても、ダンスの歴史を知らないという方達が少なくないのです。そのため、2007年よりバレエ史のクラスを設けました。
     
    ダンスの歴史を見てみると、スタイルやテクニックが、どのように時代から時代へと変化していき、何故今のスタイルや技術が確立されたのかが分かるのです。未来にはダンスがどのように変化しているのだろうか、と考えてみると、その日へ向けて私達はダンスの歴史を今もなお、作り上げている最中だといえる でしょう。たとえ有名な振付師でも、観客としてスタイルの良し悪しを考えていても、バレエ界に携わっている以上、私達は歴史の一部なのです!
     
    第6回目のYBIで私は、ロマン主義だったころのバレエの歴史を教えるため、パ・ド・カトルを軸にまとめてみました。


    第7回目のYBIでは古典派が主流だった時代を取り上げ、チャイコフスキーが制作した3作品を教えました。そして第8回目のYBIではモダンダンスの始まりについて話しました。そして次回のYBIでは、100年前に実在したバレエ団”バレエ・リュス”について、本やDVDに囲まれながらまとめて いる最中です。
     
    実際にセミナーで歴史のクラスを教えて下さるのは高橋由美子さんです。彼女は英語の先生で、大人になってからバレエを始めました。ゲームやストーリーを交えて、とてもエンターテインメント性の高いクラスを教えてくれます。毎年このセミナーのために力を注いで下さる事に感謝の気持ちでいっぱ いです。
     
    限られた時間しかないため、ほんのさわりしか教える事しかできませんが、これを機にもっと歴史を勉強したいと思ってくれればいいな、と思っております。


    第10回目YBIでは日本でのバレエの歴史についてお話したいと思います。日本でのバレエ史については、今、色々と勉強中ですので是非、皆様からも情報をお寄せ頂ければ参考にさせて頂きます。

    The students who come to Yokohama Ballet Intensive are passionate about ballet. If they weren't they wouldn't be at an intensive seminar like ours. I am concerned, though, that many of them seem to know so little about the history of the technique they are studying and the dances they are performing. Starting in 2007 I now include a dance history class on the seminar schedule.

    Dance history tells the story of how dance style and technique changed from era to era and gives us an explanation of why we dance the way we do today. Wondering how dance will change in the future makes us realize that what we do now is shaping history. We are a part of the history of dance whether we are world famous choreographers breaking new ground or audience members deciding which artists' performances to attend!

    At the 6th YBI I presented a unit on the Romantic period with a focus on the Pas de Quatre, the 7th YBI history class was about the Classical period, looking closely at Tchaikovsky's 3 ballets, and at the 8th YBI students learnt about the beginnings of modern dance. Right now, in preparation for the 9th YBI, I am immersed in books, videos and music of the Ballet Russe, an amazing company of Russian dancers who many credit with the spread of ballet around the world 100 years ago.

    Yumiko Takahashi is the teacher who actually conducts the YBI dance history classes. An English teacher who began taking ballet as an adult, Yumiko crafts the lessons into entertaining games and storytelling that keeps the students engaged. Many thanks to Yumiko for the effort and care she puts into each year's course!!

    Yumiko and I know that, in the limited time we have with the students, we can only give them a glimpse of the people and places that made dance history. Our hope is that this will spark their curiosity to learn more.

    At the 10th YBI I would like to present a unit on the history of ballet in Japan. This is not so easy for me to research as there is very little information in English. If you or someone you know can help with this I would love to hear from you!

  • 記事URL






  • Copyright © 2015   Yokohama Ballet Intensive   All Rights Reserved